fc2ブログ

RSS|archives|admin

TDS探訪

2012.03.06 Tue
今日も『東京ディズニーシー』の建物探訪です。

なぜTDSに入園したその瞬間に
『異国に来たような錯覚』
になるのか?

それは、『外国風・なんちゃって風』に建築しているのではなく
『そのまま建物や風景を持って来ました』と思わせるような
すべて『本物』で仕上げているからだと感じました。

要するに、『本物』の材料を『本場の作り方』で作っているので
作りモノだけど、全部『本物』なのです。

石の積み上げ方や、古びた感じに見せるエイジング感もすべて再現されています。

青い靴がチラリと見えるのは、息子。
「写っちゃうから隠れてろ~」と一声。
石アーチ

TDSの建築物は、『石』・『鉄』・『木』・『レンガ』の素材がメインとなっています。
この建物は、レンガのヒビ割れ具合や汚れ具合もすべて『意匠』です。
煉瓦

建築の仕事をしていると、気になるのが違う素材同士の『収まり』です。
『石』と「レンガ」の異種素材の隙間を何で埋めているのかなぁ~とか(笑)

TDSに行ってこんな部分の写真を撮ってる人は中々いませんよねぇ~(^^ゞ
石

私が大好きな『アイアン』もありました。
こんなデザインのアイアンも素敵ですねぇ
アイアン

一瞬で魔法にかけられたような錯覚に陥るのは、
実は、『キャラクターの力』は、2割程度で
残りの8割は回りの風景や建築物の力だと思います。

こんな壮大なスケールで本物そっくりな「作りモノワールド」
を再現できるのはやはり、ディズニーだから出来ることなんですねぇ。

『TDS』の建築探訪いかがでしたか?
皆さんも「東京ディズニーシー」を訪れた際には
是非、建築の素晴らしさも感じてみてくださいね♪



スポンサーサイト





Category:未分類 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<春のマルシェ | HOME | TDS>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://antiquestyle.blog28.fc2.com/tb.php/314-fcf18363